[電子証明書の更新/変更(記載内容変更)/失効/開示の手続き]失効について

以下の場合は電子証明書(ICカード)の失効手続きが必要になります。

  • ICカードの記載内容(ICカード名義人の氏名、住所、会社名、会社の本店住所)に変更が生じた場合
  • 電子証明書(ICカード)の紛失、盗難および破損した場合
  • 電子証明書(ICカード)の利用を中止する場合
  • 利用者さまが退職される場合

※電子証明書の「有効期限」が切れた場合は、失効の手続きは必要ありません。

失効手続きの流れ

手続に必要な書類

(1)利用者さま本人が手続する場合
  1. 電子証明書失効申請/届出書 電子証明書1 枚の失効につき1 枚の申請/届出書が必要です。必要事項(利用者情報)を記入し、電子証明書発行申請書に押印した利用者さまの実印による押印をしてください。
    ※発行申請時と印鑑が異なる場合は、1に加え以下の書類が必要です。
  2. 印鑑登録証明書
    利用者さまの実印の印鑑登録証明書です。(電子証明書失効申請/届出書に押印した印鑑)
    発行日から3ヶ月以内のもの。
    ※発行申請時と住所が異なる場合は、1に加え以下の書類が必要です。
  3. 住民票
    以前の住所(電子証明書発行申請時に記載した住所)と現住所(電子証明書失効申請/届出書に記載した住所)が記載されている住民票。
    発行日から3ヶ月以内のもの。
    個人番号(マイナンバー)の記載がないもの。
    ※発行申請時と名前が異なる場合は、1に加え以下の書類が必要です。
  4. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)または戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)
    以前の名前(電子証明書発行申請時に記載した名前)と現在の名前(電子証明書失効申請/届出書に記載した名前)が記載されている戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)または戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)。
    発行日から3ヶ月以内のもの。

※利用者さまの会社・団体が商業登記されていない場合で、利用者さまが死亡または失踪した場合のみ親族を含む第三者による失効の届出が可能です。(利用者さまの死亡が確認できる戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)または戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)の提出が必要です。

(2)利用組織さまが手続する場合
  1. 電子証明書失効申請/届出書 電子証明書1 枚の失効につき1 枚の申請/届出書が必要です。必要事項(利用者情報、利用組織情報、連絡先情報)を記入し、電子証明書発行申請時の電子証明書発行申請書の利用組織情報に押印した利用組織代表者さまの実印による押印をしてください。(利用者情報にある利用者さまの実印による押印は不要です。)
    ※発行申請時と印鑑が異なる場合は、1に加え以下の書類が必要です。
  2. 印鑑証明書
    利用組織代表者さまの実印の印鑑証明書です。(電子証明書失効申請/届出書に押印した印鑑)
    発行日から3ヶ月以内のもの。
    ※発行申請時と社名、住所が異なる場合は、1に加え以下の書類が必要です。
  3. 登記事項証明書
    利用者さまが所属する利用組織の登記事項証明書です。(以下のいずれか)
     ・現在事項全部証明書
     ・履歴事項全部証明書
    発行日から3ヶ月以内のもの。

申請/届出手続

「利用者さまが手続する場合」または「利用組織さまが手続する場合」のいずれか一方の書類を各地域の販売代理店、または販売元である当社宛に郵送(宅配便および持参は不可)してください。

郵送先はこちら

失効完了通知書のお受け取り

失効申請/届出を受付けた後、当社にて書類の確認を行い電子証明書を失効いたします。その結果を「電子証明書失効完了通知書」として利用者さま本人と利用組織担当者さま宛てに送付いたします。

ページトップ